朝コム活用ストーリー(2)
山本課長
突発業務が多い、山本課長の
突発業務をなくす

「朝コム」で突発がなくせるの?

突発集計ができると、多くの場合は特定のクライアントや特定のパートナーからの急な用件に片寄ってしまう傾向があります。その傾向を見える化して、対策がたてられます。

例えば以下のような例で突発を軽減、なくすことを目指すことが期待できます。

期日交渉

どのクライアントや個人へ業務スケジュールの交渉をすればよいか集計結果でわかります。

助け合い

「朝コム」には突発を含む集計結果画面と会話(チャット)機能があるので、チームメンバーに状況を理解してもらい、協力してもらうことができます。

見直し

そもそもこの突発は、一日の予定に組み込むべき「タスク」だったのでは?
見落としていたせいで突発になってしまったことがわかるケースがあります。

予測

「朝コム」の集計結果をもとに、突発にならないための予測がたてられます。

ページトップへ